ホームコンサルティング・研修サービス > プロジェクトマネジメント > 要求の引き出しとマネジメント

要求の引き出しとマネジメント

「要求の引き出しとマネジメント」は、ユーザーやステークホルダーから要求を引き出し、ソリューション開発の間、それらの要求をマネジメントすることに責任をもつ方向けのコースです。

※本コースは、BABOK V3.0に対応しています。



[PDUポイント : 16.0 (Technical 15.0 / Leadership 0.0 / Strategy 1.0)] [ CDUポイント: 16.0]

対象者

内容

学習項目

<1日目>

  1. イントロダクション
    • コース目的
    • コース全体像
  2. ソリューション・スコープの妥当性確認
    • 目標とスコープの妥当性確認
    • ビジネス・ニーズに応えるソリューション
    • ソリューション・スコープ
    • As-Is / To-Be 分析
    • ソリューション・スコープの妥当性確認
  3. 協働による要求の引き出し
    • 要求マネジメント・プロセス
    • 引き出しのためのステークホルダー識別
    • ユーザーの分類、ユーザーのゴールと期待
    • 引き出しテクニック
    • 調査テクニック
    • 実験テクニック
    • 要求開発
    • 要求の妥当性確認
  4. 要求マネジメント
    • モデルとは?なぜ使うか?いつ何をモデル化するか?
    • ユースケース図とアクティビティ図

<2日目>

  1. 要求の文書化と伝達
    • 要求リポジトリー
    • テクニカル・ライティングの12原則
    • 優先順位付け:MoSCoW
    • ユーザーストーリー
    • トレーサビリティ・マトリクス
    • 要求の伝達
  2. 要求の妥当性確認
    • ソリューションの妥当性確認と検証
    • 要求とプロジェクトリスク
    • テストのための妥当性確認
  3. 要求のコントロール
    • 要求変更管理
    • 要求変更管理のベネフィット
  4. ビジネスアナリシス計画
    • 要求計画の重要性
    • プロジェクト・アプローチ
    • ステークホルダーとユーザー
    • 要求作業計画(RWP)
    • ビジネスアナリシス・タスクの識別

プログラムの位置づけ

BA基礎 要求の引き出しとマネジメント 戦略的エンタープライズアナリシス CBAP&CCBA試験対策コース

スキル習得目標

概要

日数 2日間(標準)
最適人数 15名
取得ポイント
  • 米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポイント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
  • IIBA®認定コースに認定されており、CBAP®資格更新に必要なポイント(CDU・16ポイント)および、受験に必要な事前学習時間(16時間)の取得が可能です。
  • ITコーディネータ協会のマルチエントリーポイント対象コースに認定されており、認定学習時間(16時間)の取得が可能です。
実施形態

特長

■日本初の体系的なビジネスアナリスト養成コース
これまで、プロジェクト・マネジャーなどが担ってきたビジネスアナリシスの役割と機能を、専門性の高い新しい職種としてとらえ、日本で初めて体系的な養成コースをご提供しています。

■ BAコンピテンシーモデルの確立
経験豊富な専門家や実践者たちの数年にわたる分析により、ビジネスアナリシスに必要なコンピテンシーモデルを明確化、これに基づいたトレーニングプログラムによりBA人材育成を行ないます。(BABOK®準拠)

関連する公開セミナー

タイトル 開催日時

ビジネスアナリシス/ITコーディネータ育成

◇要求の引き出しとマネジメント~Eliciting and Managing Requirements~

108,000円/人(税抜価格100,000円)

 東京会場  2018-02-05(月)~2018-02-06(火)  ◎余裕あり

お問い合わせ

サービスの内容や、サービスに関するご相談、お見積りなど
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ