ホーム > コンサルティング・研修サービス > 営業革新 > 営業革新ナビ<ディスカバー> ~ 営業部門の現状把握アンケート&課題形成ワークショップ~
営業革新ナビ<ディスカバー>  ~  営業部門の現状把握アンケート&課題形成ワークショップ~ 営業組織において戦略が実行されない真の要因を可視化する

営業革新ナビ<ディスカバー>
~ 営業部門の現状把握アンケート&課題形成ワークショップ ~

営業革新ナビ<ディスカバー>とは

AIの進化で産業構造が変化する中、法人営業組織では複雑な顧客の要求に応える企画提案型やカスタマイズ型の営業活動ができなければ淘汰されるという危機感を多くの事業トップは持っています。それにも関わらず営業マネジャーは従来業務からシフトできず、問題が不明瞭のまま変革が進まないという実態があります。

『営業革新ナビ<ディスカバー>~営業部門の現状把握アンケート&課題形成ワークショップ~』は、営業組織の表出化されにくい問題をアンケート調査とワークショップにより可視化します。それにより、営業マネジャーの戦略実行へのオーナーシップを引き出します。

営業革新ナビ<ディスカバー>の特徴

〔現状把握アンケート調査 フレームワーク〕

営業部門の現状把握アンケートの構成

〔課題形成ワークショップ フレームワーク〕

課題形成ワークショップの構成

このような課題のある営業組織にお勧めします

営業革新ナビ<ディスカバー>概要

ねらい

営業戦略の達成の阻害要因について営業マネジャーが共通認識を持ち、部門全体で解決の方向性を見定めること

対象

法人営業組織の営業管掌役員、営業部門長、営業マネジャー

*営業マネジャー人数10名以上300名以下の営業組織が対象

方法

  • 営業部門長、営業マネジャー対象の現状把握アンケート調査(55問)
  • 営業部門長、営業マネジャー対象の課題形成ワークショップ(1回)
  • 営業管掌役員への戦略ヒアリングおよび報告会(各1回)

実施期間

2ヶ月~

成果物

  • 現状把握アンケート結果報告書(A3 2枚) 自由回答一覧
  • 課題形成ワークショップ報告書(A4 10枚程度)

効果

  • 営業マネジャー間でこれまで表出化しなかった問題を共有することができる
  • 営業管掌役員が、変革の阻害要因を明瞭に把握することができる

導入の流れ

営業管掌役員(事業ご責任者)様および推進事務局様へ、各プロセスの結果をご報告ながら進めていきます。

導入の流れ

導入企業の責任者の声

関連コラム リンク

お問い合わせ

営業革新に関するお問い合わせ

  • プログラムの詳細を確認したい
  • どのシリーズ・メニューを受ければよいか知りたい
  • どのくらいコストがかかるのか知りたい
  • 研修内容を具体的に確認したい
  • デモセミナーや公開コースを試したい
  • 自社に合うプログラムを提案してほしい

お問い合わせ

営業革新に関するお問い合わせ

お問い合わせ