ホームコンサルティング・研修サービス >  コミュニケーション診断

コミュニケーション診断

チームの状態を「コミュニケーションの状態」「チームの成熟度」「個の意識」と絡め診断します。

概要

コミュニケーション診断は、組織(部門、部門内のグループやチーム)の“コミュニケーションの状態”を客観的に把握し、その組織をより活性化するための施策を提示することを目的とした診断ツールです。

特徴

  1. チームの状態・・・「一体感」「活性化」「成長」「実行力」「挑戦」「変革」の6つの観点で、実感を確認します。
  2. コミュニケーションの状態 ・・・コミュニケーションの「場、機会」を5つの目的「課題検討」「自社理解」「仕事の相互理解」「ノウハウ共有」「親和行動」に集約して設問を構成し、効果性と重要性について、現状を確認します。
  3. チームの成熟度・・・「受容性」「率直性」「結束性」「挑戦性」について、実感を確認します。
  4. 個人の意識・・・・「組織コミットメント」「利他・協働意識」「自己効力感」について実感を確認します。

レポートの形態

155-1

活用方法

155-2

  1. 場の診断・・・・組織のコミュニケーションの実態を探ります。
  2. 場のデザイン・・場の診断結果をもとに、コミュニケーションの質を高めていくための方策を創造します。
  3. 場の運営・・・・弊社コンサルタントが、デザインして“場”を運営し、マネジャーなどコミュニケーション変革の推進役が、“場”の運営の仕方を習得します。
  4. 場の定着支援・・推進役が、現場にてデザインした場を運営し、コミュニケーション変革を社内で推進します。弊社コンサルタントがサポートします。
  5. その他の活用方法として、戦略キャンプ&ミーティングに活用いただけます。

お問い合わせ

サービスの内容や、サービスに関するご相談、お見積りなど
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ