プロジェクトマネジメント力強化

PMP®資格試験合格者の声

弊社の提供する「PMP®試験対策コース」を受講した後、PMP®資格試験に挑み見事合格した方々から、貴重な体験情報をお寄せいただきました。
今後、PMP®資格取得をめざす方や現在学習中の方、受験直前の方に生の声をご覧いただくことで、ご自身の受験学習における方法やペースなどの参考にしていただき、合格への自信をつかんでいただくことを目的としています。
※本ページの掲載内容は、PMBOK®第4版対応試験に合格された方の情報です。

勉強開始から受験までの間で一番苦労した点

理解すれば良い箇所は何とかなりましたが、「インプット、ツールと技法、アウトプット」を覚えるのが大変でした。講師の教えに沿って「関連づけ」をすべく努力はしましたが、覚えねばならない量が半端ではなかったので。(営業/40代) 各プロセスの詳細な項目の記憶と、知識エリア間の関連づけ。(コンサルタント/50代) (1)復習教材を交互に見て復習:問題集を中心にPMBOK®の振り返りをする学習方法をとったが、とにかく覚える量が膨大なことと、解答を理解するために複数の教材を交互に見ていく作業がしんどかった。(2)時間の確保:平日では夜遅くまで業務があり、休日にも仕事があるため、時間がまとまって取れない日が多かった。(営業/30代) 実は普段の業務の中で知らずとやっていることが多い分、改めて位置づけ・意味づけを理解し直すという点で、先入観・固定観念を外して入れ直すという作業が頭の中で繰り返されたこと。(企画・マーケティング/30代) 絶対的な学習時間が不足していたため、知識の整理まで手がつかなかったこと。また、インプット、アウトプットの暗記ができず、試験で点数化できなかったこと。(営業/30代) 自分の過去の経験や知識とのギャップ。日本と米国の商習慣の違い。(プロジェクト・マネジャー/40代) 専門用語で、英単語と日本語訳の関係を理解するのに苦労しました。また、PMBOK®で定義されている文書(スコープ記述書など)の具体的イメージがわかりづらかったです。(その他/40代) PMBOK®ガイドを読んでも、最初はほとんど頭に入らなかった。わざとわかりづらくしていると思えるくらい!(コンサルタント/40代) 久々の受験勉強ということで、この種の勉強に慣れておらず、短期間に集中して勉強する術を身体に思い起こさせることに苦労しました。また、一番追い込みの受験3日前から風邪をひき体力的に辛かった上に、試験中に咳が止まらず何度もチェックアウトしたことです。(プログラム・マネジャー/30代) 記憶力の低下との戦い。(営業/40代) PMBOK®、受講テキストともに大きく、重い。通勤時に勉強するために持ち運んでいたが、かさばるし、重かった。(スタッフ/30代) 時間の確保とモチベーションの維持。(コンサルタント・SE/30代) 全体のイメージをつかむのに、かなり時間がかかりました。何となくイメージができてからは、問題集をベースに勉強を進めることができ、順調に理解を深めることができました。(SE/40代) 4時間の試験時間に耐える体力を作ること。(コンサルタント・SE/40代)

PMP®試験を受験した感想

実践で身につけていたことを体系的に学べたこと、プロジェクトのあるべき姿を整理しながら理解できたこと。(営業/40代) アメリカの価値観に基づく判断問題に迷った。(コンサルタント/50代) (1)試験勉強の充実した日々:試験合格を目標にして、試験日まで「久々に勉強をした」と言える日を過ごし、充実した日々だった。たまには勉強漬けになるのも良いと思った。(2)長時間の試験に耐えやり終え合格したときは、本当にほっとした。(3)解答の正解・不正解箇所が不明:試験終了後に問題を振り返るが、どこができてどこが間違っていたかがはっきりわからなかった。(営業/30代) 短い期間で集中的に学習する項目としては、質・量ともに適当であったし、それなりの充実感も得られましたが、あくまでもスタートラインに立った、ということです。(企画・マーケティング/30代) 問題自体は想像していたより基本的な問題が多かったように思いましたが、基礎的な知識を一つひとつ正確に覚えていないと解けない問題なので、いかに基礎力を強化するかがポイントだと思います。(営業/30代) 知識の再整理と業務遂行上の押さえるべき行動の把握ができた。また、先見性や問題解決能力が養われた。(プロジェクト・マネジャー/40代) PMBOK®の知識量を試す試験ですが、それだけでプロジェクト・マネジャーの質を保障するものではないと思います。PMP®資格所有者でも優秀でないプロジェクト・マネジャーはいると思います。(その他/40代) 長い試験時間を耐えました。達成感でいっぱいです。また、試験直前になって全体の体系が見えてきました。(コンサルタント/40代) 試験勉強をする上で(各フェーズにて行うべきタスクやインプット、アウトプットを理解する上で)、少ないながらも自分のこれまでのプロジェクト経験が役に立ったと思います。(プログラム・マネジャー/30代) 仕事(業務)との関連性が高いため、現在の業務の整理ができた点がとても良かった。(営業/40代) 疲れました。試験中はどうにか気力で持ちこたえましたが、試験前後は体調を崩しました。(スタッフ/30代) たまには、こういう経験も緊張感があって良いものだと思った。(コンサルタント・SE/40代) 未だに「あの時解答したものが本当に正解だったのか?」という疑問に思う問題が多々あります。つまり、"PMBOK®を十分理解したうえでの応用問題が非常に多かった"ように思えます。(コンサルタント・SE/30代) ITコーディネータの知識を補完する目的で受験したが、プロジェクトマネジメントの基礎知識を得る上でとても勉強になった。(企画・マーケティング/40代) 試験は長時間で大変疲れた。正解が確信できないものが多く、首をかしげた。(コンサルタント・SE /40代) PMBOK®の基本的な流れを理解していることが重要。(コンサルタント・SE/40代)

これから受験される方へのアドバイス

皆さん実行されているとは思いますが、「自分なりの勉強方法をみつけること」「自分で整理しながらMy資料を作ること」。また、理解すればOKというところは忘れないので最初に取り組み、覚えるべきところは直前に実施する。(営業/40代) 問題集を2度やるのが良いのではないでしょうか。(コンサルタント/50代) 富士ゼロックス総合教育研究所のコースで使用した教材は非常に本試験と近く、有効だったので、試験勉強はコース教材の復習で十分だと思う。PMBOK®を読むだけでは、わかったつもりでも覚えられないので、問題集を何度も解くことによって覚えていく方法が一番早道だと思う。(営業/30代) 学習するときに一番重要なことは、「謙虚さ」「素直さ」だと思います。資格取得が目的でないのは当然として、本来の目的達成のための効果的な手段(戦略)であるということを意識すること。(企画・マーケティング/30代) PMBOK®に記載してあるキーワードやツールなどの意味や種類をいかに暗記し、整理するかがポイントだと思います。この点、本コースのテキストはPMBOK®のエッセンスがうまくまとめられていますので、これを基本書として学習すれば合格のための最低限の知識は身につくと思います。(営業/30代) PMBOK®を十分理解すること、問題を数多く解くこと、富士ゼロックス総合教育研究所のテキストも十分理解すること。(プロジェクト・マネジャー/40代) PMBOK®を何回も熟読し、疑問点は必ず解決していくと除々に理解が深まると思います。(その他/40代) 個人的には、テキストよりも試験問題を繰り返しこなす方が性分に合っていました。(コンサルタント/40代) 最初に、全体概要および各フェーズでのプロセスフローを理解した上で、詳細部分に進むことが一番の近道になるかと思います。特に、全体図や重要な視点ごとにまとめられていた富士ゼロックス総合教育研究所の資料は大変役に立ちました。(プログラム・マネジャー/30代) ただひたすら憶えることと、資格対策問題をしっかり実施すること。(営業/40代) 「インプット、ツールと技法、アウトプット」は大変重要ですが、それらを丸暗記するのは非効率だと思います。何をするプロセスかを理解すると「インプット、ツールと技法、アウトプット」は出てくると思います。また、プロセスを理解すれば包括的に状況が判断できるので、応用的な問題に答えることができます。(スタッフ/30代) これは受かる試験です。泣きながらでも3日間必死でやれば、必ず受かります。(コンサルタント・SE/30代) 問題を解き、解説を読みながらPMBOK®とPMI®イズムの考え方を理解する。(コンサルタント・SE/40代)

今後どのようにPMP®資格を活用していくか

プロジェクトに入った場合に、PMBOK®のあるべき姿をいかに現場で活かすか、プロジェクトに関わるステークホルダーへの教育・育成支援。(営業/40代) グループ会社におけるPMP®取得促進と維持のために役立てたい。(コンサルタント/50代) PMP®は知識レベルであり、この内容だけではプロジェクトをマネジメントできないので、知識を実際のプロジェクトに当てはめながら実務で応用していきたい。(営業/30代) 「プロジェクトマネジメント」知識をビジネス拡大のマーケティング戦略に活かしていきたい。(企画・マーケティング/30代) 今まで仕事は無計画に「やれるものからやっていく」という悪い癖がありましたが、今後は小さな仕事であっても、PMBOK®の知識に基づいて、まず計画やスケジュールを立て行動していきたいと思います。また事前にリスクを考えることがありませんでしたので、その辺を意識して活用していきたいと思います。(営業/30代) お客さまとのプロジェクトを進める上で成功を収めるためにPMBOK®を最大限に活用する。(プロジェクト・マネジャー/40代) プロジェクトマネジメント関連の研修の講師として。(その他/40代) 実際のプロジェクトのマネジメントをガイドに則って実践します。(コンサルタント/40代) 各種セミナーに積極的に参加し自己啓発を行い、自社トレーニングプログラム改良に役立てたい。(プログラム・マネジャー/30代) IT企業を担当しており、営業活動面で全面的に活かしたい。(営業/40代) PMO活動に活かしていきたい。(スタッフ/30代) 得た知識を大型案件の管理に活用したいと思います。また、他社との協業時など、有資格者であることを伝え、対等の付き合いができればと思います。(コンサルタント・SE/40代) 今後は、PMP®を活用できるよう案件活動を進めていきたいと考えています。また、部門内へのPMP®の展開を図っていきたいと思います。(コンサルタント・SE/30代) ITコーディネータ活動に活かしたい。すべての仕事をプロジェクトとして捉え、スキルアップを図りたい。(企画・マーケティング/40代) 資格というものが、何に活用できるかは、見当がつきません。(コンサルタント・SE/30代) マネジメントに活かす。(コンサルタント・SE/40代)

ここまで本文