ホームコンサルティング・研修サービス>  未来シナリオづくりワークショップ

未来シナリオづくりワークショップ



複雑で変化の激しい時代に継続的に成果を生み出すには、関係者間で未来シナリオを共有することが不可欠です。
日常と違う環境で、関係者がお互いに共感できる話し合いをし、ありたい姿のイメージを固めます。


対象者

内容

■ねらい  
 利害が絡み合った関係者間で、共感できる未来シナリオをつくる

標準コース

 ・1日もしくは半日(4時間)  ※状況に合わせてカスタマイズ可能
 ・1クラス10名

 ・ワークショッププロセス(標準イメージ)

  ① 今日の期待確認
  ② 現状理解とありたい姿のコンセプト検討
  ③ ありたい姿に向けてのシナリオ作成
  ④ ありたい姿を実現する手段の分析
  ⑤ シナリオ実現に向けた活動計画の策定 (半日実施の場合は方向性のみ確認)
  ⑥ 振り返りとまとめ

【イノベーションデザイン支援ツールを活用したワークショッププロセスイメージ】

未来シナリオづくり_プロセスイメージ

 

イノベーションデザイン支援ツールの効果~参加者の声

Before

  1.  既存の組織構造の制約が働いて、参加者同士で本音を語れていない
  2.   時間的制約や質問のスキル不足で、本音を聞くことが難しい
  3.   経験を振り返る機会が作られず、活動に対する深い掘り下げが難しい
  4.   参加者の共創、意味共有が十分できず、浅い結論になる

 

After

  1. フラットに語り合う場が提供され、本音で語り合える
    (口頭での発言、手書き付箋より多くの多様な意見が、短時間で出る)
  2. 出された意見を深掘りして参加者の本音を引き出し、一体感を持つことができる
  3. 経験の振り返りから、これまでの活動に対する深い掘り下げを行える
  4. 本質的な目的を一緒に発見し、それに対する解決手段が検討できる

 

イノベーションデザイン支援ツールとは

会議でのファシリテーションや効率的な打ち合わせを可能にすることで、価値創造の支援を行うツールです

  ・ ドキュメントや手書き情報を用いて、ユーザー間で、課題や解決のためのアイデアを共有し構造化する、
    価値創造のためのリアルタイムコミュニケーションを支援
  ・ 直観的なUIを搭載した端末群と、リポジトリ技術を融合し、プロジェクト活動全般をシームレスに支援
  ・ 課題解決型の教育プログラムと連携、ノウハウをテンプレートとして提供

 イノベーションデザイン支援ツール_イメージ

シナリオづくり~実行に向けて

  ・ 状況に合わせてカスタマイズ企画も可能です。
  ・ 戦略実行キャンプ&ミーティングとの組合せにより、未来づくりワークショップにて作成した未来シナリオの
    実行フォローワークショップも実施可能です。(オプション)

お問い合わせ

サービスの内容や、サービスに関するご相談、お見積りなど
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ