ホーム > 公開セミナー・無料イベント > 公開セミナー情報 > ◇要求の引き出しとマネジメント~Eliciting and Managing Requirements~

◇要求の引き出しとマネジメント~Eliciting and Managing Requirements~

「要求の引き出しとマネジメント」は、ユーザーやステークホルダーから要求を引き出し、ソリューション開発の間、それらの要求をマネジメントすることに責任をもつ方向けのコースです。
このコースでは、次のプロセスを学びます; 
ソリューション・スコープの妥当性確認、協働による要求の引き出し、ソリューションのモデリング、有効な要求の文書化、ソリューションの妥当性確認、要求変更管理、全体のプロセスを促進させるために必要な作業の計画方法
※本コースは、BABOK V3.0に対応しています。

日数 通い2日間
開催日 東京会場 2018-02-05(月) ~ 2018-02-06(火) ◎余裕あり
東京会場 2018-06-14(木) ~ 2018-06-15(金) ◎余裕あり
東京会場 2018-10-11(木) ~ 2018-10-12(金) ◎余裕あり
東京会場 2019-02-21(木) ~ 2019-02-22(金) ◎余裕あり
開催時間 9:30〜18:30 (2日間とも)
受講料 108,000円/人(税抜価格100,000円)
会場 東京会場(MAP)
神戸会場(MAP)
定員 20名
対象者 ビジネス・ニーズに沿った特定の成果を出すことや問題解決に責任を負う全ての方
内容 1.ソリューション・スコープの妥当性確認
2.協働による要求の引き出し
3.ソリューションのモデル化
4.要求の文書化と伝達
5.要求の妥当性確認
6.要求のコントロール
7.ビジネスアナリシス計画

<スキル到達目標>
要求マネジメントにおける、ビジネスアナリシスの重要な役割について説明できる
ソリューション・スコープを立証する
要求マネジメント作業の中で適切なモデリング技法を使用できる
効率を最大限にし、かつ必要な作業を見積もるために要求の引き出しと分析計画をする
分析サイクルとは異なる視点で、要求を引き出すために最も適切なテクニックを見極める
様々な種類の要求を、完全で一貫性があり、整理された要求に分解、文書化する
要求を立証し、最終版にするためにコンセンサスを築く
プロジェクト・ライフ・サイクルを通じて要求をマネジメントする

取得ポイント ・米国PMI(R)認定コースに認定されており、PMP(R)資格更新に必要なポイント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
・本コースのPDU明細は「テクニカル:15.00、リーダーシップ:0.00ポイント、ストラテジック:1.00ポイント」です。
・IIBA(R)認定コースに認定されており、CBAP(R)資格更新に必要なポイント(CDU・16ポイント)および、受験に必要な事前学習時間(16時間)の取得が可能です。
・ITコーディネータ協会のマルチエントリーポイント対象コースに認定されており、認定学習時間(16時間)の取得が可能です。

お申込みフォームから、セミナー参加申し込みができます。

※セミナーに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ