求める人材像

人事制度の考え方

人事制度の基本的な考え方

社員が自ら企業の価値創造に貢献する組織・風土を実現するために、
1. 会社は社員に対してどのような役割を期待し、どのような人材を必要としているのか
2. 社員は会社に対して自らどのような貢献(自己効力感からの満足)をしたいのかを“役割”を通じて対等な立場で共有することを人事制度で実現しています。

職群別グレード(キャリアモデル)

当社では、プロフェッショナル社員については、4つの職群(営業、コンサルタント、研究・開発、スタッフ)を設け、報酬の構成などそれぞれの職群で処遇を行い、スペシャリストとしてのキャリアを選択できるようにしています。

ここまで本文