ホーム > 企業情報 > 採用情報 > 研修トレーナー(TPC)採用 > 研修トレーナーの声

研修トレーナーの声

杉山 けい子

プロフェッショナルとしての成長

受講者の方が日常の業務で不安に思っていたり、疑問に思ったりしていることを、セミナーの目的に応じて内容に反映していくことで、新たな価値や情報を共有できることが私の一番のやりがいです。受講者の方の目が輝いてきて、前のめりの姿勢になるのを見ると、ほんとうに嬉しくなります。お客さまの会社の全階層を担当する場合は、数年間で一人の方を何回か担当する機会があり、その方の成長振りを目にすると、トレーナーをやっていてよかったと幸せな気持ちになります。

当社のプログラムは受講者に気づいてもらうことが中心なので、少しでも多くの事例を盛り込み、受講者のご意見を聞いて工夫していくことが、自分自身のスキルアップにもつながっています。また、トレーナーとしての経験は自分の公私すべてに生かされています。私は男の子を育てましたが、その子育てにも大変役立ちました。仕事と家庭の垣根なく実践できることが自分の成長につながっていると実感しています。

試練の時

事前情報だけでお客さまのニーズを予想し、担当してみたら実際にはまったく異なっていた、という時には、そのハンドリングに苦慮します。でも、最近ではスタート時に必ず「このセミナーへの期待、ふだん疑問に思っていること」を一人ひとりにお聞きしますので、早い段階でいろいろなズレがわかってきます。それをもとにしながら過去の経験も活かし、その場でカリキュラムの時間配分を変更したり、使用する事例を変更したりしています。

重要なのは、営業担当の方からの情報を待つのではなく、自分はどんな情報を必要としているのかを明確にし、納得するまで営業とやり取りをすることだと思います。また既存のお客さまの場合は、お客さまが置かれている環境が変化していないかなど、情報のアンテナを高く伸ばし、“今の”お客さまと対面できるようにしています。

セールス、コンサルタントとのパートナーシップ

当社の営業の方とはお互いを尊重しあうことでミスを減らし、お客さまに最高の教育を提供するパートナーとして非常によい関係にあると思います。ただ、成約できれば営業活動は終わりと考える営業担当の場合は、お客さまの生の声をつかんでいるこちらのアドバイスになかなか気づいてくれない、ということもあります。でも、私から新たな提案を営業担当に提示し、お客さまとの商談に関わりながら契約をいただくことも多くなっています。

さらなるチャレンジ

この仕事をしてもう10年を超えましたが、この先5年くらいの自分のビジョンを立てたいと考えています。人と接することが大好きで、人の役に立ちたいという基本的な考えはまったく変わりませんが、これからはコースの種類を増やし、多角的にお客さまのお手伝いができるようになりたいと思っています。また、お客さまの状況を調査し、必要なプログラムを完成させ、トレーナーとして自分が担当する、ということにもぜひ挑戦していきたいと思います。

菅沼 恵生

プロフェッショナルとしての成長

この仕事をしていると、時には自分の力量をはるかに上回るセミナーを担当しなければならないことがあります。そんな時は、多くのトレーナーの中から私が指名されたことを誇りに思い、また要求の高いセミナーを担当することが自らを成長させてくれるんだと自分に言い聞かせてチャレンジしています。確かに精神的にも肉体的にもキツイことはありますが、セミナーをやり遂げたときの達成感、満足感は何ものにも代えがたいですし、「次回もお願いします」というお客さまの言葉を聞くと、心からこの仕事をやっていて良かったと思います。

私は輸入車販売の会社に長年勤務していましたので、自動車業界のことしか知りませんでした。しかし、今は他業界の仕事が多いので、とにかく勉強しないとやっていけません。最初はお客さまの業界特有の言葉すらわからず、戸惑うこともありましたが、自分で勉強したり、当社の営業の方やお客さまから教えていただいたりしながら、最近では少しずつ自分の世界が広がってきたなと感じています。

試練の時

以前は企業内研修の企画や社内トレーナーをやっていましたので、これまでの受講者は社内のいわば自分の後輩ばかりでした。しかし今、受講者は社内の人間ではないので、最初はそれに戸惑いました。受講者といえどもお客さまとして接しなければいけないわけですが、かといって厳しいことが言えなくなってしまっては何のための研修かわからなくなってしまいます。今でも接し方に悩むことはありますが、「今この場での私の役割は何なのか」を常に自問するようにしています。

あるマネジメント系のセミナーで、受講者が全員私より年上のことがありました。私は体育会の縦社会で育ったので、あの時は特にきつかったです。でも、セミナーの冒頭でプレッシャーがあることを正直に話し、プロとしてやっている以上年齢は関係ない、自分も皆さんから多くのことを学ぶつもりで来たと伝えることで、気持ちが少し楽になりました。

セールス、コンサルタントとのパートナーシップ

正直に言って、私自身の中で「トレーナーだけの仕事」という感覚はありません。お客さまの課題解決に向け、営業の方と一緒になって、つまりチームとして仕事ができるということが私の最大の喜びです。いい仕事をしてお客さまに喜んでいただければ、当社の営業の方も嬉しいでしょうし、その営業の方と喜びを分かち合えるというのが最高の楽しみだと思っています。

さらなるチャレンジ

教育会社にとって、トレーナーというのは1つの商品だと思います。どんなに質の高いプログラムであっても、それをアウトプットするトレーナーの質が低ければ、お客さまから評価していただけないからです。

現在、私は当社の仕事しかしていませんし、この状況は当分続くと思います。数年後にはこの業界で私自身の知名度を上げ、競合会社から「富士ゼロックス総合教育研究所には菅沼がいる」と言われるように、私自身によって競合会社との差別化ができればよいと考えています。

応募方法

WEBのエントリーフォームからご応募ください。
追ってeメールにて選考結果をご連絡します。

お問い合わせ

〒106−0032 東京都港区六本木3−1−1 六本木ティーキューブ14階
株式会社富士ゼロックス総合教育研究所
TPC採用担当あて
TEL 03-5574-1611

お問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ