富士ゼロックス総合教育研究所の特長

富士ゼロックス総合教育研究所の特長

富士ゼロックス総合教育研究所の強み

富士ゼロックス生まれの組織

富士ゼロックス総合教育研究所は、1989年に富士ゼロックスの教育事業部が独立してできた会社です。富士ゼロックスや、そのグループ企業2万3千人を超える人材の教育や人事制度改革を手がけるなど豊富な経験により、単なる理論研究やコンサルティング業務だけでは得られない貴重なノウハウを蓄積してきました。こうした長年の経験に裏付けられた各種プログラムや組織の仕組みづくりに関する方法論を駆使して、「人と組織のマネジメント」全般にわたるコンサルティングサービスを提供。現在では、自動車、医薬品、情報サービス、電機、通信、金融、官公庁など800社を超えるお客さまへ、"戦略を成果へと導く確かなソリューション"をご提供しています。

ゼロックス生まれの組織知

実際の人材教育ノウハウのご提供は、一般企業のお客さまへと、富士ゼロックスおよび関連会社への2種類に分けられます。富士ゼロックスへの支援を通じて培ったノウハウには、たとえばコンピテンシーモデルの構築、教育体系の構築、また人材開発、当社の強みである営業教育、海外拠点教育支援などがありますが、これらの成功事例や失敗例を標準化し、そのエッセンスを一般企業のお客さまへご提供しています。そして、お客さまの声を反映した新たなソリューション開発に関しては、富士ゼロックスおよび関連会社を効果検証の場としています。こうしたご提供サイクルが、他のコンサルティング会社にはない、当社の強みなのです。

ここまで本文