ホーム > 調査・研究 > 人材開発白書 > FXLI Discussion Paper 2010-001「なぜ戦略は実行されないのか―実行する側、させる側への定性調査結果からの考察―」

FXLI Discussion Paper 2010-001「なぜ戦略は実行されないのか―実行する側、させる側への定性調査結果からの考察―」

坂本雅明(研究室)

要旨
富士ゼロックス総合教育研究所では、戦略実行力をテーマに、部門戦略の実行に対するミドルマネジャーのマネジメントに焦点を当てて大規模定量調査を伴う研 究を進めており、研究結果は『人材開発白書2011』として2011年2月に発表する予定である。本稿はその前段の予備調査結果に基づいている。ミドルマ ネジャー32人、メンバー70人に対して実施した、部門戦略に「納得」できた/させられなかった理由、部門戦略を「実行」できた/させられなかった理由に 関する自由回答形式の定性調査結果について考察した。

メンバーに対する調査からは、以下のような傾向が見られた。

<部門戦略に「納得」できなかった理由>
<部門戦略を「実行」できなかった理由>
一方、ミドルマネジャーに対する調査からは、以下のような傾向が見られた。

<部門戦略を「納得」させられなかった理由>
<部門戦略を「実行」させられなかった理由>
(2010.10.12)

著者プロフィール

坂本 雅明
坂本 雅明

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 研究室長/首都大学東京大学院ビジネススクール非常勤講師

1992年NEC に入社。コンサルティングファームを経て、2006年より当社入社。戦略策定・実行プロセスの研究および戦略策定研修を担当。一部上場企業の顧問として中計策定や新事業開発、関連会社の再建支援にも携わる。上智大学卒業、一橋大学大学院修士課程修了(MBA)、東京工業大学大学院博士後期課程修了(博士(技術経営))。一橋大学イノベーション研究センター研究員(05~06)。首都大学東京ビジネススクール非常勤講師(12~)

お問い合わせはこちら

お問い合わせ