ホーム > 調査・研究 > 広報誌 > 組織がつなぐ個の力 気づきの連鎖 spring 2014 Vol.128

組織がつなぐ個の力 気づきの連鎖 spring 2014 Vol.128

xchange communicatio spring 2014 vol.128

xchange communicatio spring 2014 Vol.128

今号では、「一人ひとりの力を、いかに組織の力につなげていくか」という視点に立ち、「探求(アカデミアからのメッセージ)」では「職場での関わりあい」について、「実践(事例紹 介)」では「改革のビジョン実現に向けた組織力強化の取り組み」について紹介します。

個人から集団(職場)へ、集団から組織(会社)へとつながる組織構造において、一人ひと りは優秀なのに集団になると思うような成果が出ない、あるいは、組織として変革に向けて舵を切ろうとしているが、目指す姿をなかなか共有できない、といった状況を実感されることは少なくないのではないでしょうか。有機的なつながりの中でしか達成できない困難な課題を前にしたとき、効率性偏重の働き方が業務上の関わりを希薄にし、人と人とのつながりの構図を変化させてきたことを感じることではないでしょうか。職場を超えた連携が容易に進まないといった問題も顕在化しています。

このような時代にあって、職場や組織の力を高めていくためには何ができるのでしょうか。

目次

※各ページをダウンロード頂けます。

●提言
「気づき」の連鎖
 富士ゼロックス総合教育研究所 編集長 西山 裕子

●探求
関わりあいから思いやりを育む職場へ
 神戸大学大学院経営学研究科 教授 鈴木 竜太 氏

●実践
信用こそがブランド価値を高める
 日本女子プロゴルフ協会 会長 小林 浩美 氏

●共想・知創
外部の刺激が組織を活性化させる
 経営企画部 中村 舞衣子

●colum
学校教育の現場にリーダーシップを外部の刺激が組織を活性化させる
 Teach For Japan 創設者 代表理事 CEO 松田 悠介 氏

一括ダウンロード

『一括ダウンロード(2.5MB)』

お問い合わせはこちら

お問い合わせ