ホーム > 調査・研究 > コラム・レポート > プロジェクトマネジメント > Run! ー走れ!ー

Run! ー走れ!ー

 PMはコンフリクトを避け続けている。

 私たちのほとんどが不快な状況は避けたいと思っている。これは人間の本質である。プロジェクトマネジメントの成功は率直性と透明性に依存するが、それらは、しばしば困難な会話と潜在的なコンフリクトを含んでいるので、不運にもコンフリクトに対する恐れがプロジェクトのパフォーマンスを悩ます影響を与えることがある。最近のESI人間関係とリーダーシップ調査でコンフリクトに対する恐れの影響が確認されている。この調査に回答した500人のPMのうち、36%が困難な会話とコンフリクトマネジメントをほとんどのPMに欠けているスキルのトップとしてあげている。コンフリクトを避けるという我々の自然な傾向以外に、これを促進する他の要因は、「報告した人を非難する」という閉ざされたマネジメントスタイルと文化的な傾向も入る。PMが窮地を効果的にマネジメントし、透明性と率直性を可能にできるようマネジャー(上司)はPMを訓練することが重要になる。

 次回もPMトレンド10の中から情報をお届けします。

出典:本内容は、ESIインターナショナル社(現Strategy Execution)の記事を翻訳したものでです。

※本コンテンツは、株式会社富士ゼロックス総合教育研究所配信のメールマガジン 「PM MASTER’S NEWS<2015年5月号>」に掲載されたものです。

(2015.05)

 

コラムの内容や、関連するサービスのご相談などお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ