ホーム > 調査・研究 > コラム・レポート > プロジェクトマネジメント > Lofty expectations ー高まる期待ー

Lofty expectations ー高まる期待ー

クラウドベースのソリューションが市場に氾濫し続ける限り、ユーザー企業としては、 安く済ませるため標準に業務を合わせる化、高くともカストマイズをするか、というトレードオフに悩むことになります。クラウドベースのソリューションは多くの問題を解決する一方で多くの問題も生み出します。アプリケーションの管理、すなわち業務の管理をクラウドで一極に集中化することでユーザーの負担を軽減するだけでなく、経営者の期待をマネジメントする必要性も出てくるのです。 高度にカストマイズされたクライアント・サーバー・システムは約束された成果を実際には生み出さなかったという揺るぎない事例があったとしても、経営者はまだ高い期待を持ったままなのです。 クラウドに対する過剰宣伝は、最高潮に向かって進むため、プロジェクト・マネジャーとビジネス・アナリストは、ビジネスの期待とクラウドベースのプラットフォームにおける制約の間にあるギャップを特定し、伝え、管理することに非常に熟達している必要があるのです。

次回もPMトレンド10の中から情報をお届けします。

 

出典:本内容は、ESIインターナショナル社(現Strategy Execution)の記事を和訳したものです。

 

※本コンテンツは、株式会社富士ゼロックス総合教育研究所配信のメールマガジン 「PM MASTER’S NEWS<2015年9月号>」に掲載されたものです。

(2015.09)

 

コラムの内容や、関連するサービスのご相談などお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ