ホーム > 調査・研究 > コラム・レポート > プロジェクトマネジメント > Fuel for the hybrid ーハイブリッドの燃料“ハイブリットの背景にあるもの”ー

Fuel for the hybrid ーハイブリッドの燃料“ハイブリットの背景にあるもの”ー

 昨今、プロジェクト・マネジャーたちは、新しくて革新的なビジネスモデルとテクノロジーの適用を求められています。急激な変化を目の当たりにしている多くの業界において、開発の加速と素早い学習を可能にさせるプロジェクトマネジメント手法はビジネスに役立つとして重要度を増しています。例えば、金融サービスやヘルスケアのような保守的と言われる業界は、変化する顧客の期待や増えていく規制、コンプライアンス要件に遅れずについていくために新しいビジネスモデルを採用することを求められています。

一方、金融サービスとヘルスケアだけでなく他の業界も市場へ製品やサービスを提供し、かつ規制によって左右されるデータ収集と報告義務のスピードを加速させるためにテクノロジー基盤のソリューションに関心を向けていくことでしょう。そうした中、既存のプロジェクトマネジメント手法は、やがて緊迫し、増加する不確実性やベロシティ(速度)により、多くのプロジェクト組織でこまめな調整が必要になり、特に初期段階のプロセスとリスクマネジメントの慣例に直接インパクトを与えることでしょう。アジャイルは今後も引き続き、重要性を増し、更に多くのプロジェクト・コミュニティが(既存とアジャイルの)ハイブリットプロジェクト・チームに取り組み、奮闘していくことでしょう。

 次回もPMトレンド10の中から情報をお届けします。

出典:本内容は、ESIインターナショナル社(現Strategy Execution)の記事を和訳したものです。

※本コンテンツは、株式会社富士ゼロックス総合教育研究所配信のメールマガジン 「PM MASTER’S NEWS<2015年6月号>」に掲載されたものです。

(2015.06)

 

コラムの内容や、関連するサービスのご相談などお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ