ホーム > 事例紹介・インタビュー > 人材開発白書シンポジウム
若手のリーダー志向を高め、リーダー経験から学ばせる

『人材開発白書2017』発刊記念シンポジウムのご報告

「わが社には、リーダーを任せられる人がいない」―こうした問題を抱えている企業は少なくないはずです。
リーダーになるには、リードする経験が欠かせません。そして、その経験をさせるべき時期があります。それは、30歳前後です。このタイミングを逃してしまうと、将来的に事業をけん引するリーダー候補の枯渇を招くことになってしまいます。
『人材開発白書2017』発刊記念シンポジウムは、リーダーをどのように開発すべきなのか。どのようなリーダー経験を与えるべきなのか。(1)調査データ、(2)アカデミック理論、(3)事例という3種類の講演データを考える場として開催しました。本レポートはその内容をまとめたものです。

シンポジウム報告ダウンロード

基調講演

リーダー開発を科学する

東京大学 大学教育研究センター准教授 中原淳

  • リーダーシップとは何か?
  • つまずきの7ステップ
  • リーダーシップ開発学の実態
  • スパイシーな経験学習

調査報告

リーダーシップの発芽 ~若手の活躍による組織の進化を目指して~

株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 研究室長 坂本雅明

  • 実態調査 :若手リーダー育成の現状と問題点
  • 分析結果1:リーダー志向を抱かせるために
  • 分析結果2:リーダー志向を持続させるために

事例紹介

リーダーを育てたければ、リーダーをやらせること

株式会社サイバーエージェント 取締役 人事統括 曽山哲人

  • 「決断経験」が人を成長させる
  • 人も事業も育つ独自のしかけ
  • 挑戦者のセーフティネット

出資先企業での経営経験を通じた次世代リーダー育成

株式会社NTTドコモ 人事部 人事企画担当部長 本高祥一

  • NTTドコモの概要
  • NTTドコモの人事方針
  • 次世代リーダー育成

パネルディスカッション

リーダー経験を通じたリーダー開発

シンポジウム報告ダウンロード